読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒノクニッキ

熊本生まれ熊本大好き普通の主婦。できることをしていきます。

妊娠中の山手線でのほっこりエピソード

お題

スポンサーリンク


最近、妊婦さんがマタニティマークを付けていて怖い目にあうとか、こういった記事をよく見かけます。私は妊娠生活のほとんどを東京で過ごしたけど、皆が優しくていい人ばかりで、逆に恐縮でした。

こういう記事を見るたびに、本当のことなの!?って思います。
私は当時、こういうマタニティマークをつけていることにより怖い目にあう可能性があることを知らなかったので普通につけていました。

電車では、必ず誰かが席を譲ってくれた。少しの距離しか乗らないから全然立ってても平気なのに、誰かがすぐ席を立って譲ってくれていました。

なので、申し訳なくって、ちょっとの距離の時はドアの前あたりで路線図を見上げて座る意思がないことをそれとなく示したり。。

『妊婦だからって甘えて座るな!』と怒られたり、酔っ払った会社員から、代わってと頼みもしないのに「妊婦だろ、座りたいなら土下座しろ」と言われたりしました。

怖い目にあったひとの体験談とか読むと信じられないけれど、こんなの本当だったらありえない。でもこんなひどい人、ほんの一部だと思いたい。ほとんどの人が優しい人だと信じたい。

 

******ここからお題のほっこりエピソード********

いちど、長距離でも立ったままのこともあって、でもあと一駅だ〜って思っていたとき、私の目の前で爆睡していたおじいさんがパッと目を覚ましたかと思ったら、その瞬間立ち上がり!こらこら!座らないと!って。

あまりのとっさの出来事に私もびっくりしました。
おじいちゃんだったのですが、寝起きで私に気づいて1秒くらいで立って、私にそう言ってくれました。そのときは、もうあと一駅だし、おじいちゃん気持ちよさそうに爆睡していたのにごめんなさいって思って、お礼を言って座りませんでした。

言えなかったけど、もっと寝てていいですよって心の中で思っていました。おじいちゃんなのに、優先席だから座っていていいのに、妊婦さんは座らないと!っていうおじいちゃんの気持ちがすごく嬉しかったし、とってもほっこりして、その日の帰り道は軽やかだった。

***** 

 

臨月近くに電車に乗ると、さすがに周りもギョッとするだろうなと思うし、譲らないわけにはいかないだろうし、、電車に乗るのがしのびなかった。。(笑)

私はさいわい?優しい人たちばかりで電車に乗るたび感動して、出産したらこれから私ももっと気をつけて周りを見て、返していこうって、そう思いました。

 

特別お題「心温まるマナーの話」by JR西日本
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/jrwest