ヒノクニッキ

熊本生まれ熊本大好き普通の主婦。できることをしていきます。

選挙のこと。

スポンサーリンク


私もまだまだ勉強不足だし知識もないけれど、Facebookのタイムラインにたくさん流れてくるから、毎日周りが注目しているのもすごい分かる。

三宅洋平さん。

ちょっと待ったする音喜多さんやイケハヤさん。

 

三宅洋平さんが言ってることも分かるし、音喜田さんやイケハヤさんが言ってることも分かる。 

安保法反対、私のまわりにもたくさん活動している人います。

 

選挙のときって、誰もが正しいこと言ってるように聞こえるから、
ますますよく分からなくなる。
公約とかも、悪いこと言ってるひとっていないし。。。

 

戦争なんて、誰でも反対だし嫌に決まっているし、戦争したいなんて人いるのかな?

ましてや原爆を経験した日本、日本人で、戦争したいなんて人おらんやろってって思うんですが。。。そんな発言してるひとはいないですよね??

戦争したいって思っている血も涙も心もないような人が本当にいるとして、そういう人が政治家の中に本当にいるんだとしたら、それはすごいヤバイと思うしなんとかして変えていかないといけないと思う。

 

でも今回、テレビでは報道されないにしても三宅洋平さんの選挙フェスは東京でものすごかったみたいだし、愛媛にいてもそれが伝わってくる。一生懸命喋っていて、熱い人って、応援したくなりますよね。

三宅洋平さんが”政治をマツリゴトに”って言っているのを見つけて思い出したのが、

クニミツの政 - Wikipedia

クニミツのマツリ。中学校くらいのときかなあ、結構昔にハマッて読んでた漫画。

クニミツっていうヤンキーの主人公が政治家秘書として、先生を当選させるために奔走するハナシ。おまつりみたいに選挙戦をいろんなことして駆け抜ける。

当時もちろん選挙権もないし、政治のことも今よりももっと分からないときだったけど、すごく面白くて、一気読みした。

こんな人がトップだったらいいなと思ったし、こんな政治だったら面白いし興味持つしって思ったんです。

その後大人になってから、もう一度読みたくてまんきつに閉じこもりまた一気読みしたことをいま思い出しました。前回の都知事選のときだったかも。。前回も私の周りは家入一真さん一色でかなり盛り上がっていた。あのときも、この若い世代の力で何か大きいことが起こりそうっていうワクワク感があった。

三宅洋平さん。賛否両論はあるんだろうけれど、これだけの人の興味関心をむけさせたことは素直にすごいと思うし、クニミツの政の漫画みたい。

だって今までここまでのこと誰もやってないんじゃない??

こんな選挙があったら、こんな政治家が現実にいたら面白いのになって思ったことが、いま起こっているのかもって、思ったんです。

この漫画読んだのかな?

同じこと思ってる人がいた〜

 

とりあえず。

明日選挙いこう。