ヒノクニッキ

熊本生まれ熊本大好き。転勤族2児のママ✿

三十路の挑戦。クラウドファンディング立ち上げました!

スポンサーリンク


f:id:sayurice:20160913230625j:plain

息子が2歳になって、先月私も三十路になって、、

この度、キャンプファイヤーにてクラウドファンディングを立ち上げました!

 

ウェルカムベビエーボックスプロジェクト ♡

camp-fire.jp

 

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、「こんなモノやサービスを作りたい」「世の中の問題を、こんなふうに解決したい」といったアイデアやプロジェクトを持つ起案者が、専用のインターネットサイトを通じて、世の中に呼びかけ共感した人から広く資金を集める方法です。

クラウドファンディング クラウドファンディングとは|A-port 朝日新聞社

 

以前、産後1ヶ月に必要なものリストを書きました。
こんなにいるんですよね、出産前に。
ここに書いているのは子どものためのものだから、パジャマとか妊婦服とか、自分のものも含めると、もっとたくさんモノがいる。

www.sayurice.com

 

出産後に、フィンランドでは妊婦さんが国から育児グッズ一式が入ったパッケージをもらえることをしりました。

なんて素晴らしい制度なんだ!と思ったのと、

日本にもあったらいいのに!つくりたい!って思っていました。

私は心配性すぎて生まれてくるまで安心ができなくって、出産準備がなかなかできませんでした。

大量のリストを見て、何がいるのかわからん!!ってなって、全然進められなかった。

周りのママに聞いても、出産準備ってやっぱり大変で、お金も時間も気力もかかることなんですよね。

働く女性も増えてきて、産休ギリギリまで働いている人も少なくないと思います。

そうすると、ますます出産準備にかけられる時間も気力も限られてくる。。

 

周りのママに話を聞くと、実際にフィンランドから買おうか悩んでた!って子や、準備が大変すぎて疲れたとか、「めんどくさかった・・・」そういう声を聞いて、あっ、私だけじゃなかったんやー!と思いました。


「めんどくさい」というふうに言ってしまうと、楽しみじゃないの?嬉しくないの?と言われそうですが、そうじゃないんですよね。そうじゃないんだけど、買わないといけないもの多すぎるし、でも初めての妊娠だと何がいるのか分からない!


もちろん楽しんで出産準備ができるにこしたことはないし、そういう人には必要ないのかもしれないですが、そうじゃない人にとって、出産準備グッズがパッケージになったものがあれば、安心できるのかなって。


「わかんないけどとりあえずこれ買っとけば大丈夫っぽい」という安心感。

をお届けしたいと思います。松山のママたちに協力してもらって進めています*\(^o^)/*

 

産んでからのほうがもっといるもの多いから、出産前の負担を少しでも減らしたいんです。だから、フィンランドみたいに、妊婦さんの手元には無料で届くようにしたい。

自治体の子育て支援サービスや企業に導入してもらえたらいいなって。

自治体、企業に営業に行きたいなあと思っています!

 

応援してもらえたら嬉しいです。

よろしくお願いいたします。