読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒノクニッキ

熊本生まれ熊本大好き普通の主婦。できることをしていきます。

千葉に引っ越したばかりの私が感じる松山の子育てのしやすさ!

子育て

スポンサーリンク


f:id:sayurice:20170204230702j:image

今年に入り、愛媛県松山市から千葉へ引っ越してきました。そこで改めて松山の住みやすさ&子育てのしやすさを実感している日々です。今日は松山の子育てのしやすさ(子どもへの支援の充実さ)をまとめてみようと思います。松山へ移住を検討している子育て世帯の方への参考になれば幸いです!千葉をディスるわけではないです。でも千葉も頑張ってほしいな。あと、私の調べ不足もあるだろうから千葉はこんなのあるし!というのがあったら教えてほしいです。

松山は乳幼児医療が無料

そもそも乳幼児の医療費はどこでも無料だと思ってたけどそうじゃなかった。。千葉は1回300円かかるんです。たった1回300円って思うかもしれないですがチリも積もれば。松山にいるときは歯の生え方がおかしいかも!?ってときに歯医者さんに相談に行ったり、耳垢取ってもらいに行くのにも耳鼻科に行ったりしていました。とくに初めての子どもだと不安でいっぱいな生活の中で医療費が無料っていうのは病院に気軽に行けて本当に助かっていました。今まで無料だったのが1回行くごとに300円となると、ちょっと、気持ちの面で違います。

子ども医療費助成(乳幼児) 松山市ホームページ

事前に調べてそれは知っていたけれど、夫の通勤や家賃相場、そしてなにより私がもう都内の人の多さが無理で都内に住めないと思ったことにより、千葉になりました。

歯科検診を保健所で毎月やってる

子どもの歯の歯科検診が保健所で毎月定期的に行われています。そこでフッ素も200円で塗ってくれていました。息子も3ヶ月に1度くらいのペースでフッ素塗布してました。保健所の歯科検診では待合スペースにはおもちゃもたくさん用意されているし、周りも子どもだらけなので気をつかわなくてよく、それもとても助かっていました。

千葉では2歳6ヶ月検診でフッ素塗布してくれるみたいですが、毎月定期的にっていうところまではやってないみたいで。。わー松山って手厚かったんだなと感じた次第です。

歯科保健 松山市ホームページ

児童館が充実してる

松山にはいくつか児童館がありますが、すべてホームページがちゃんとあって、毎月のイベントや定期のイベント情報もちゃんと更新してあります。サイトが見やすく分かりやすいし、とても親切。孤独になりがちな子育て初期に、気軽に児童館や支援センターに行ける環境って大事です。

概要(松山市中央児童センター)【松山市社会福祉事業団】

もちろん千葉にも児童館(千葉では児童ホームという)はありますが、テキストベースでPDFが貼ってあるだけでとても見にくいんです・・。松山のノリで調べてたら、まあ見にくくてびっくり..!

イクじい・ばあばママサービス

出産後にお手伝いが必要な人に対して、掃除・洗濯・食事などの家事の援助のサービスはいろいろな自治体でもあるのでしょうが、松山ではイクじい・ばあばたちが、家事の援助だけじゃなく、保育園などへの送り迎え、留守中の子守もしてくれます。

この「イクじい・ばあばママ」っていうネーミングもすき。

イクじい・ばあばママとは

イクじい・ばあばママは、健康で働く意欲のある元気な高齢者です。

豊かな育児経験をもった、おじいちゃんやおばあちゃんが笑顔で子育てを支援します。
子育て支援|福祉サービス|公益社団法人松山シルバー人材センター

松山市役所の託児サービス

市役所の用事って、時間かかりますよね。とくに子育て世帯だと保育課とかそのあたりの手続きって引っ越しのたびに児童手当の手続きとか保育園や幼稚園の申請でもたびたび行くことがあると思います。松山市役所には市役所の用事中に子どもを預けられる無料の託児所があります。これのありがたさを、今千葉に引っ越してきてひじょーに感じております。先日市役所に保育園のことで手続きに行ったんですが、通路に小さく設置されているキッズスペースだけではおさまりきらず、廊下を走り回ったり、職員さんのスペースに走って行ってしまったり・・・職員のみなさんニコニコなのでよかったですが、やっぱり申し訳ないし気が散るし話に集中できない。。松山市役所では用事の前にお願いしまーすって預ければ保育士さんがそこで見ててくれるから何の心配もなく用事をすませられる。これが当たり前じゃないんだと、今感じております!!

f:id:sayurice:20170325015751p:plain

松山市役所キッズ託児ルームに関すること 松山市ホームページ

(番外編)四国中央市のおむつ支給事業

えっとこれは松山市じゃないんですが。愛媛は紙のまち。おむつメーカーの大手企業、大王製紙とユニチャームの本社があります。なんと。なんとなんとなんと!

1歳までの間に使うおむつが支給されるんです!!!!

生まれてから1年間おむつ無料!

いやこれはほんとすごいですよね。さすが四国中央市!

ぜひ松山市でも導入してほしいところ。(もう松山市民じゃないけど涙)

おむつ1年分とか。とくに新生児期含む最初の1年のおむつの消費量ハンパないのでね。これだけでも四国中央市に住みたくなります。

紙のまちの子育て応援 乳児紙おむつ支給事業|四国中央市

 

(生活面)

松山はゴミ袋なんでもいい!結構ゴミ袋は有料の自治体が多いみたいですね。それも知らなかった・・・松山では半透明の袋ならなんでもオッケーでしたが、分別は結構厳しかったです。