ヒノクニッキ

熊本生まれ熊本大好き、転勤族2児のママブログ

こだわりの手作り無添加せっけん


f:id:sayurice:20180120182918j:image

麻布十番の手作り無添加石鹸専門店「アンティアン」さんの、ベイビーというせっけんをモニターさせていただきました。

アンティアンさんというお店は知らなかったのですが、麻布十番にお店があって、テレビで麻布十番の手土産ランキングなどで紹介されたこともあるせっけんやさんのようです!

今回おためしさせていただいたのは、アンティアンさんの石鹸の中でも人気No,2だという「ベイビー」という石鹸。

合成界面活性剤・防腐剤・発泡剤・人工香料が無添加

天然成分だけで28日間かけて人の手でじっくりと作られている石鹸で、敏感肌や赤ちゃんにも使えるとのことで我が家の肌弱息子とまだ赤ちゃんの娘を洗うのにピッタリなせっけん。

こちらは同封されていた成分表

f:id:sayurice:20180120182929j:image

ラベンダー精油の香りがして、癒されます。

うちは今の所息子(3歳)はまだシャンプー使っておらず、普段から固形石鹸で頭も体も丸洗いしています。 顔に関しては石鹸使わず。

なので、自然の成分でつくられた肌に優しいせっけんはとってもありがたいのです。

f:id:sayurice:20180120224911j:image

手のひらサイズ。

同封されていた紙に石鹸の泡立ちがなぜ弱いかが書いてあったのですがとても納得できたのでそのまま引用します。

石鹸というと、泡で汚れを落とすものとご想像される方も多いと思います。
しかし、石鹸は泡で汚れを落とすのではなく、石鹸の成分そのものと汚れが結びつくことで、汚れを肌から引き離し、落とすのです。
泡は石鹸の性質上の結果としてたまたま出るようなものなのです。あえて、泡立ちのよい石鹸に仕上げるには、わざわざ泡立ちのためだけに、泡の立ちやすい発泡剤などの化学合成品を入れたり、そのためだけの油を多用しなければなりません。そうした化学合成品や油を多用しますと、どうしてもお肌に刺激の強い石鹸になってしまいます。 

なるほど。。。

息子の肌が弱かったことから、石鹸はなるべく化学物質入っていない無添加のものを選んでいましたが、間違ってなかったな。

アンティアンさんのせっけん、オリーブオイル、スイートアーモンドオイル、ココナッツオイル、パームオイル、ホホバオイル、ラベンダー精油からできているため、とってもしっとりした使いごこちでした。

ベビーマッサージとかでよく使われるオイルなので安心して赤ちゃんにも使える。

オイルだからしっとりしてるけど、水で流すときれいに流れてさっぱりしました。

しばらく使い続けてみます!

www.untiens.jp

 

手作り洗顔石鹸 アンティアンファンサイト参加中