ヒノクニッキ

熊本生まれ熊本大好き、転勤族2児のママブログ

おふろの楽しさとおもちゃの大切さを感じられる絵本

スポンサーリンク


f:id:sayurice:20180921221606j:image

ここ最近で私がイチオシの絵本2冊の記録。

おもちのおふろ

おもちのもーちゃんと、ちーちゃんが、お風呂やさんに行くお話。もちが風呂に行くっていう設定がもうすでに可愛いし、絵もとても細かくて、隅々まで楽しめる絵本です。

醤油の足湯にお寿司くんたちが入っていたり、きなこの砂風呂にだんごくんたちがやってきてきなこを体につけてきなこだんごになったりトースターのサウナにパンたちが入っていたり...

これを読んで温泉に行ったら、普段の温泉がまた違った景色で楽しめると思う!

実際うちの息子は、これを読んでから温泉に行くのがとっても好きになりました!

とにかく可愛い1冊なので、おすすめです。

わすれもの

女の子が、大切なひつじのぬいぐるみを公園に忘れてしまいました。そのひつじの視点で描かれている絵本。雨が降ったり、誰かに拾われそうになったりするけれど、女の子を待ち続けるひつじのぬいぐるみ。次の日の朝、女の子がむかえにきてくれます。

うちの息子も外に出る時におもちゃや恐竜の人形を持っていきたがります。

1度外でなくしたことがあり、、つい置きっ放しにしてしまったり、、

おもちゃを外に持って行くなら、
ちゃんと大切に持って帰ろうね。

と、おもちゃの大切さを教えるのにぴったりな絵本です!