ヒノクニッキ

熊本生まれ熊本大好き、転勤族2児のママブログ

七田式カードフラッシュをやってみたよ!


f:id:sayurice:20181015161035p:plain

株式会社しちだ・教育研究所のモニターに参加させていただき、七田式フラッシュカードをお家でやってみました!
フラッシュカードは、以前息子が行っていた幼稚園プレで少しだけやっていたことがありこんな感じかなーというのは分かっていた前提で、家で使うのははじめてでした。

おためしセットの内容

f:id:sayurice:20181015103114j:image

・絵カード(60枚)
・ドッツカード(50枚)
・白紙カード(10枚)
・おためしセット説明書

絵カードには、動物や体のパーツなどの絵が書いてあります。

f:id:sayurice:20181015103111j:image

大きい・小さいなんかも。

f:id:sayurice:20181015103030j:image

f:id:sayurice:20181015103105j:image

ドッツカード数字は1から50まで。

f:id:sayurice:20181015103028j:image

取り組み方

やり方は説明書に丁寧に書いてあります。

f:id:sayurice:20181015163453j:image

絵カードは語彙の獲得、数字カードは右脳の力を引き出す、そしてフラッシュカードをやることにより記憶力が育つ、ということなんですね。

f:id:sayurice:20181015163703j:image

息子とやってみた

幼稚園プレで見たことがありましたが、
実際に早いスピードでカードを変えていくの、難しかったです。
まずは親が練習しましょう!と書いてあって、確かに練習いるなという感じました。
先生すごかったんだな。。

4歳息子は動物や体のパーツなどはもう覚えているため、数字カードを使ってみました。
まだ1〜20までやっと数えられるようになったくらいで、21〜50ははじめてでした。

f:id:sayurice:20181015103059j:image

これ、本人なりになんとなく数字を見ながら順番に並べている様子です。

フラッシュカードは親が読み上げるだけじゃなく、カードとしても
いろんな遊び方ができるようです!

f:id:sayurice:20181015103116j:image
七田式のこちらのカード、かなりしっかりした厚紙なのでちょっと遊んでも
ダメにならないタイプのものでした!
ぺらぺらの紙だと早いスピードでカード入れ替えたりできなそうですもんね。

娘が1歳なので、今後娘に動物や体のパーツでフラッシュカードしてみようと思います!

選び取りしてみた

6がパッと分かったの感動してしまった(親バカ)

www.youtube.com

使い方動画

www.youtube.com

まとめ

毎日決まった時間に決まった分だけやれれば、子どもも楽しんで取り組んでくれそうだと感じました!

フラッシュカードを家でやるには、一回だけのものではなく少しずつ継続的にやるものだし、カードをめくる練習もいりますので、親の熱量と気力と根気がいりそうだなと感じました!

七田式教育 フラッシュカード

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ