ヒノクニッキ

熊本生まれ熊本大好き、転勤族2児のママブログ

息子の手足口病の記録


f:id:sayurice:20181209231551j:image

4歳にしてはじめてかかった手足口病。これが、ご飯が食べられないのが結構やっかいでした...

手足口病って?

手足口病は夏季に流行し、7月にピークを迎えるウイルス性の感染症。患者のほとんどは小児で、5歳未満の小児が80%を占めますが、まれに大人にも感染します。

潜伏期間は、3〜6日。
口の中の粘膜や手のひら、足の裏、足の甲などに水疱性の発疹が現れて、1〜3日間発熱することがあります。水疱は、かさぶたにならずに治る場合が多く、1週間程度でなくなります。また、1〜2ヶ月後に手足の爪がはがれることがありますが、大事にはいたらずすぐに新しい爪が生えてきます。
ですが、口の中にできた水疱がつぶれた後にできる口内炎(口の中にできた潰瘍)がひどく、食事や飲みものを受けつけなくなることから、「脱水症状」を起こすことも。 また、原因ウイルスの「エンテロウイルス」は無菌性髄膜炎の90%を占めるため、まれに脳炎を伴って重症化することもあるので注意が必要です。

手足口病とは?|知っておきたい!家庭の感染と予防|サラヤ株式会社 家庭用製品情報

その名の通り手足口にプツプツができる病気で、ほんと、その通りになりました。

1日目

ちょっと元気はないけれど熱もないし、役員仕事で幼稚園に行く用事もあったので、行っておいで〜もしきつかったら迎えに行くと連絡帳にも書いて送り出そうとした時、玄関で嘔吐。

あ、これ無理だと判断し同じバス停のママさんに伝言を頼みに行く。

朝ごはんは食べず、昼ごはんは作っていたお弁当を食べました。

夕方になり、手のひらのポツポツに気づき、口の中を見たらベロにポツポツ!もしやこれ手足口病ってやつ!?!?と思い、夕方から慌てて病院へ。

結果、手足口病。

手足口病の場合、飲み薬などの処方はなく、口内炎の塗り薬が出されてただけでした。

きっとお弁当食べるのもとても痛かったよね..

晩御飯はコーンスープのみ。

2日目

ポツポツがひどくなってきた。

手足口病のときの手のひら

 

こんなかんじのが手のひら、足の裏にできて、口の中は写真は撮っていないけどベロに数カ所の口内炎みたいなのと、喉の奥にもポツポツ。

この日はほぼ引きこもりで、息子はコーンスープと、Qooのゼリー。

3日目

娘の病院に行く日だったのでなんとか外出。雨。病院は電車で行って駅から結構歩く場所。絶望。でもなんとか行った...

この日も息子はコーンスープとQooのゼリーと焼き芋。焼き芋なら食べられた!とにかく口の中が痛くて食べれないし、飲めない。脱水になるんじゃないかと思いました。

帰りにデパートのおもちゃ売り場に行きたいという息子を、おともだちにうつしたらだめだから今日はかえる!と無理矢理帰ってる途中のできごと↓↓つらかった。。

4日目

幼稚園は月曜しかいけなかった。。月曜以外全部休み!でも結構良くなってきて、食欲は戻ってきました。が、まだ手のひらの水疱は消えず。

5日目、6日目

食欲戻って元気いっぱい!久しぶりの米を食べました。

ただでさえ細い息子、また痩せてしまったかも。。。

 

手足口病のとき食べたもの

とにかく食べれない、飲めないで困りました。そんな息子がかろうじて食べられたものはこちら

・コーンスープ(粒なし)

・Qooのゼリー(ちゅーちゅーするやつ)

・焼き芋(しっとり系シルクスイート)

 

また明日から元気に幼稚園行っておいで〜!^^!