ヒノクニッキ

熊本生まれ熊本大好き、転勤族2児のママブログ

祖父母の人生をたどるvo.1


f:id:sayurice:20190202143127p:plain

祖父母の生きて来た軌跡を分かるカタチに残したい。ずーっと思ってはいたけども、なかなか行動に移せずにいました。方法が分からなくて...

祖母の友達を探してあげたかったけど、探す方法がさっぱり分かりませんでした。

なぜ調べようと思ったのか

私、祖父母がどういう人生を生きてきたかって、本当にほんのちょこっっとしか知らないんですね。でも知りたいなあと大学の後半くらいから漠然とずっと思っていました。でも実家に帰って会ったときにちょこっと聞くくらいで、歴史を絡めたこととか、ほとんど知らないままでした。(私は歴史が超苦手!!)

けれど、自分に子どもができて、あなたたちのひいおじいちゃんひいおばあちゃんはねって、こうこうこういう人で、こういう風に生きてきた人なんだよっていうのを、伝えていきたいと思ったんです。

祖母のこと

祖母はずっと食堂をしており、実家はもう創業45年くらいになるお好み焼きやさんをしています。私の地元は炭鉱町だったんだけど、祖母は出稼ぎに来た炭鉱マンたちの"食"を支えていました。朝ごはん昼ごはんお弁当晩ご飯飲み会と、寝る間も惜しんで働いてきました。話を聞くと、いつ寝てたの?と思うほどでした。

日本の近代化を支えて来た九州あたりの炭鉱は、世界文化遺産にもなっています。

日本の近代化に貢献した炭鉱のその裏で、炭鉱マンたちを支えた祖母がいる。それに気づいた時に、祖母も日本の近代化を支えて来たひとりなんだなと感じて、これはきちんと調べて記録に残して伝えていきたいぞ、という考えに至りました。

祖母の歴史を調べるとともに、祖母がずーーーーっと会いたがっていたお友達探しをなんとかできないかとtwitterに投稿してみました。

もう何年も家族内で探したいよねとは言いつつも探す方法が分からず、そのままになっていました。

分かっていること

・昭和8年生まれ
・満州国錦州省阜新市五龍街(まんしゅうこくきんしゅうしょうふしんしごりゅうがい)に住んでいた
・かいしゅう阜新国民学校に通っていた
→学校は冬には校庭がスケートリンクになりスケートをしていた
・学校の先生の名前が若松先生
・昭和23年に引き揚げてきた

探し方

昨日twitterに投稿してから、RTやDMやコメントをいただいて、たった半日くらいで私だけでは到底辿り着けなかった"探し方"が見つかりました。twitterってすごい。詳しい人って本当にすごい。尊敬します。

探し方1:国民学校の名簿を探す

もう目から鱗ですよ...DMで詳しい方に教えていただきました。

まず、"学校の名簿が残っているかもしれないこと"を考えつきもしませんでした。学校の名簿については、大きな図書館や行政、文科省などにあるかもしれないとのことで、教えていただいた機関に問い合わせしてみたいなと、思っています。

探し方2:引き揚げ記念館に聞いてみる

これも全然知らなかったんですが、引き揚げ記念館というところが京都と博多にあるようでした。

京都舞鶴引き揚げ記念館https://m-hikiage-museum.jp/index.html

博多引き揚げ記念館http://hakatakou-hikiage.city.fukuoka.lg.jp/shisetsu/

祖母は熊本のため、博多港が濃厚かなという気がしています。こちらにも問い合わせしてみてもいいかなと思っています。

探し方3:図書館で文献を探す

祖母の友達探しもですが、祖母の当時の満州での暮らしなどにも興味がわいています。twitterで満州引き揚げ体験集という文献があることを教えていただいたので、このあたりの文献を探してみようかなと、思っています。

大変そうだけど国立国会図書館のデータベースがあったので、こちらでちょっと調べてみるよ。 リサーチ・ナビ

祖父のこと

昨日、親族の軍歴を調べてみよう!という以下のツイートを見つけました。

これこれ!私はこういうことが知りたかったんだ!!とすぐに思い、早速家族に祖父の本籍地を聞きました。こちらに関してはすごく詳しく調べる方法を書いてくださっていたので、この通りに進めてみようと思います。

母方の祖父のこと。これから調べていきます。 

祖父はビルマに戦争に行っていた、ってことしかしらない。肩に銃が貫通した跡があって、病院に行けなかったから生々しい跡が残っていたことを覚えてる。手榴弾を投げようと振り返ったところで前から銃で打たれたと言っていました。

祖父はもう亡くなってしまったけど、最後は家で、しかも夜中に立ち上がろうとしたのかベッドの淵につかまって立ったまま亡くなっていたそうです。なんて強いじいちゃんだろう。まさに大往生。

カンチャナブリへ行った

大学時代に、バックパックでタイ旅行しました。その際にカンチャナブリという街に行き、タイービルマ(ミャンマー)を繋ぐ橋に行きました。ああ、もしかしたらじいちゃんがここにいたかもしれないんだなーと考えると、とても不思議な気持ちになり、その時も、じいちゃんの歴史をもっと調べたいなと思ったんですよね。けど、結局じいちゃんにカンチャナブリの橋に行ったよって伝えたくらいで、あまり調べられなかった。

じいちゃんは戦争の話はほとんどしてくれなかったから...

私の記憶は、じいちゃんは戦争はよくないとかそういうことはもちろんなんだろうけど、「負けると分かってる戦争はするな」みたいなことを言ってたんですよね。戦場で戦った記憶は、壮絶だったんだろうなって...思いました。

家系図

ずっと家系図作りたいなあと思っていて、ふと昨日アプリを調べたらあったので早速作ってみました。いや面白いよ。

なんか、こうして広がっていくんだなあと。どこかで誰かがいなかったら、今の私や子どもたちもこの世に存在しないわけで、それ考えると鳥肌がたちます。

 

これです!ぜひやってみてください! 

すいすい家系図

すいすい家系図

  • Digital Gene
  • ライフスタイル
  • 無料

 

記録媒体はこのブログにしようかなと思います。進捗があったら書いていく!!!

もし、昭和8年生まれのお祖父様かお祖母様がいて、満州に行っていた時代があり、満州国錦州省阜新市五龍街(まんしゅうこくきんしゅうしょうふしんしごりゅうがい)にすんでいたor阜新国民学校に通われていたという方がいたらぜひメッセージください!