>>妊娠中にぜひ応募しときたい☆プレママ向け無料プレゼントまとめ

息子が泣き入りひきつけ(憤怒痙攣)をおこした記録

泣き入りひきつけ-min

泣き入りひきつけ(憤怒けいれんとも呼ばれる)。子育て初めて6年、はじめてこのワードに出会いました。
11ヶ月の次男が泣き入りひきつけになった経緯や状況を詳しく記録しておこうと思います。

その日もいつも通り家族5人でリビングにいました。時間は夜。もう小児科の診療時間も終わっています。
長男がソファの上に乗っていて、次男がソファにつかまり立ちをしているところでした。長男がソファから滑って落ちてしまい、その時に次男をドンと押してしまい次男が胸から床にどしん!となってしまいました。その瞬間に「ぎゃー!」っと声をあげたので急いで抱き上げたのですが、ギャン泣きの時のタメっていうんですかね?息継ぎ?ギャン泣きの時って一瞬息が止まる感じになるアレがすごく長かったんです。

あれ?長い、泣かない、どうしたの?と思い顔を見ると

まず、顔半分が変形しているように見えて、あれ?顔そんなに強くぶつけたの!?と思いました。
それと同時に唇が青くなっていて、目が虚ろになっていて、首がガクンとしていました。
(え?なんで、何か喉に詰まらせたの?!これはヤバイ、救急車だ。けど今呼んだって救急車間に合わないよ。息してないもん。どうしよう、)と心の中で思いながら

「次男がおかしい。次男がおかしい!!!!!」なかなか気づかない夫に声を荒げました。

隣にいた夫は長男に、ほらもう!気をつけないと!というようなことを言っていました。

すぐに夫に次男を渡し、テーブルの上のスマホをとって119を押しました。(ここまで多分10〜20秒くらいです)
気が動転してたけど、本気でやばいどうにかしなくちゃと思いとにかく救急車を呼ぼうと思いました。

私がスマホをとっている間に夫は呼びかけながら背中をさすったりトントンしたりして次男をソファに寝かせていました。
この時点で夫は目がイってたと言っていて、人口呼吸しなくちゃと思っていたようです。

私が119の番号を押し、受話器のマークを押そうとしたところで「ぎゃー!」と泣き出しました。そこでもう意識も戻り、普通に泣き出しとりあえずホッとしました。

意識も戻り、普段通り泣き出したので119にかけるのはやめ#8000にかけました。上記の状況を話したところ、一瞬でも呼吸が止まった時間があったなら病院に行ったほうがいい、消防に電話をかけて病院を聞いてくださいと言われ消防の電話番号を教えてもらいました。

消防にかけました。消防の方はえっなんでここに電話をしているんですか?というような反応でした。上記の状況に加えて#8000でこちらにかけるように言われた旨を伝えると、こちらではなんとも言えないので、救急隊を向かわせて病院に行くかどうかの判断をすることはできます、と言われました。この時点ではもう泣き止んでて目の前でいつも通りにしている次男。
それで救急隊の人に来てもらうのもなと思いそれはお願いしなかったのですが、心配ならと市の健康相談ダイヤルにかけてみてと言われ番号を教えてもらいました。

健康相談ダイヤルにかけました。また上記の状況を伝え、あのような症状が出た理由を聞きたかったのですが、欲しい答えはここでも出てきませんでした。。頭を打ったのなら脳神経外科ですが〜と言われ夜間やっている脳神経外科医の先生がいる病院を5つくらい教えてもらいました。
念の為、急変するかもしれないから夜中も1時間おきに様子をみてあげてと言われ他のでその日は寝ずに次男の様子を見守りました。

けど頭は打っていなかったのでどの答えもピンときてませんでした…

夜通しスマホで調べましたがなかなかヒットしません。” 呼吸 止まる 赤ちゃん 胸を打つ “とかで検索しても頭部打撲した場合の対処法などが出てきて、どれも違うよなぁと思いながら検索魔になりました。

なんと検索してたどり着いたかは忘れてしまったのですが、泣き入りひきつけ(憤怒痙攣)という症状を見つけた時、これだ!と思いました。

乳幼児が大泣きした後、呼気(息をはいた)状態のまま、呼吸を停止し、顔色が不良になり、意識喪失、全身の脱力(ぐったりする)やけいれんなどを起こす病態を「泣き入り引きつけ(憤怒けいれん)」といいます。子どもがけいれんを起こしますので心配されるのは当然ですが、一般的に脳や身体などに異常を残しませんし、成長発育に伴って自然に消失して行く予後の良い疾患です。

http://www.kobayashi-med.com/illness/illness_na.html

1)青色失神
 激しく泣いている赤ちゃんが、突然息をはいた状態(呼気)状態のまま呼吸を止めて顔色が紫色になり、白目をむき、手足を突っ張らせ、手足がガクガクと動くけいれんが起こります。強く泣くことで「息つぎ」が出来なくなり、無呼吸となって症状が出現します。「かんしゃくの強い子」、「我が強い子」に多い傾向があります。恐怖を感じた時、かんしゃくを起こした時、叱られた時、痛みなどが泣く誘因となります。

2)白色失神
 突然の強い恐怖や痛み、感情的な興奮によって、ほとんど泣かずに心拍が止まり(迷走神経反射)、脳血流が減少するためにけいれんが起こります。発生は稀で「怖がりな子」や「華奢で繊細な子」に多くみられます。強い打撲や予期せぬ痛み、驚き、恐怖などが誘因となります。

http://www.kobayashi-med.com/illness/illness_na.html


泣き入りひきつけ、憤怒痙攣、憤怒けいれんで検索するといくつかヒットします。泣き入りひきつけには、激しく鳴いている赤ちゃんが起こす青色失神、ほとんど泣かずに起きる白色失神の2種類あるようで、今回次男の場合は白色失神が当てはまりそうです。

突然の恐怖や痛み、感情的な興奮で心拍が止まるなんてことがあるなんて……

生後6カ月~1歳半頃に発症することが多く、6歳頃までにはならなくなるようです。

長男6歳、長女3歳、2人とも転んだり指を挟んだりして病院に駆け込んだことは何回かあっても命の危険を感じたことはなかったのですが、今回次男の失神は本当にこのまま死んでしまうんじゃないかと思い本当に命の危険を感じました。

朝元気に起きてきた次男を見たとき泣きそうで、あぁもうホントに生きてるだけでありがとうだなと思いました。息をしてくれてるだけで嬉しい。あの次男の表情がトラウマです。

Twitterに投稿したところ、お子さんが泣き入りひきつけを起こしたことのあるママさんからDMやコメントをいただきました。Twitterってすごい。経験者のママさんから話を聞いて、”大丈夫そう”ということだけでも分かりホッとしました。

みなさん死んじゃうかも、と思うようです。本当に怖すぎる。繰り返す子が多いみたいなのでこれからも注意して見ていこうと思いますし、夫がふざけて遊びで子どもたちを驚かせたりするのもやめたほうがいいだろうなと思っています。

イオンの小児科オンラインで相談予約を入れました。泣き入りひきつけの解説記事ありました↓↓↓
また小児科オンラインで聞いたことを追記します。

私も今回初めて経験して本当に怖くて訳も分からずたくさんスマホで検索しました。そんな時に経験された方のブログって本当に参考になります。お子さんが泣き入りひきつけを起こした方のブログをいくつか引用させていただきます。

泣き入りひきつけ-min

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる